屋上防水工事を実施して木造住宅の防水性をアップ

木造住宅は他の住宅に比べて水のトラブルが発生しやすんです 木造住宅は他の住宅に比べて水のトラブルが発生しやすんです

日本人の生活に適している木造住宅の特徴

住宅

日本で建築されている住宅の多くは、木造住宅であることが多いです。木造住宅は日本人に最適な特徴を多く持っているため、現在も木造住宅は全国各地から高い支持を集めています。ここではその特徴について紹介します。

木造住宅が持っている特徴

通気性が抜群
一般的な住宅は密閉性が高いため、住宅の中に湿気などが溜まりやすいです。反対に木造住宅は通気性が非常に高く、室内に湿気が溜まりにくくなっています。また、結露も発生しにくいので、カビやシミの発生も防ぐことができます。
延焼を防げる
一見すると木造住宅は火がつくとすぐに燃え尽きてしまいそうですが、厚みのある木材を使用しているため火の延焼を防げるような構造になっています。そのため万が一家事が発生しても、被害を最小限に抑えることが可能です。
地震にも強い
日本は地震が多い国として知られていますが、木造住宅は木材の持つしなりが備わっているため地震が発生しても揺れを最小限に抑えることができます。地震による住宅への影響を防ぎ、家族の安全を守るのにとても最適な効果です。

木材の伸縮には注意

木造住宅に使用されている木材は乾燥や湿気で伸縮する性質があるため、伸縮が生じることにより住宅のあちこちに隙間が発生することが多いです。この隙間に雨水などが侵入すると、住宅全体の耐久性を低下させてしまう可能性があります。

定期点検が必要

木造住宅は日本人の生活に適した特徴を多く持っているため、快適な生活を楽しむのにとても最適です。しかししなりや揺れで雨漏りなどが発生しやすいため、住宅を建築した後は定期的に住宅点検を行なわなければなりません。

木造住宅には防水工事が必須

木造住宅の多くは屋根に勾配がついているので、屋上に雨水などが溜まることはほとんどありません。しかしベランダやテラスなどがついている木造住宅はその部分に雨水が溜まりやすくなるため、屋上防水を実施する必要があります。

木造住宅に防水工事を実施した方の感想

屋上防水を実施するのに多額の費用がかかりました(40代/男性)

屋上に雨水が溜まりやすいと感じたため、業者に防水工事を実施してもらいました。施工を実施する際に20万円以上の費用がかかってしまったので、今後は住宅のメンテナンスを行なって施工回数を減らしていきたいと考えています。

自分で補修を行なうことで施工費用を安くすることができました。(50代/会社員)

自宅で発生した雨漏りなどのトラブルを自分で補修していたのですが、屋上防水を依頼したところ施工費用が大幅に安くなっていました。どうやら点検や補修を個人で行なっていたため、施工コストを大幅に削減することができたようです。

防水業者は住宅の雨漏りを解決するのに有効な施工を行なってくれますが、頼りすぎると施工にかかる費用や時間が高額になってしまいます。木造住宅を建築した後はできるだけ掃除、自己点検、修繕対策を実施して、コストや施工時間を節約しましょう。

TOPボタン